引き分けに終わり サスケ ナルト

Feby 8, 2020
引き分けに終わり サスケ ナルト

引き分けに終わり サスケ ナルト

 · サスケはがっつり隠の力の輪廻眼と周りの尾獣使ってたけど、ナルトは六道仙術も他の尾獣の血継限界も使っとらんかったで。六道仙術はともかく、他の尾獣の力はと僅かに持ってるととサスケがインドラの矢作るときに言ってたし。

 · ナルト終末の谷でのナルトとサスケの死闘は引き分けに終わりました。しかし単純に強さだけで見ればナルトの方が強いと感じたのは私だけでしょうか? 最初はナルトのクラマモードとサスケの完成体スサノヲが互角に戦っていました...

様々な力を持ちnarutoの世界で最強の忍と言えるナルトと相対して引き分ける事が出来るのがライバルであり親友であるサスケ。そんなサスケが開眼させたのが輪廻眼です。しかしサスケは他の輪廻眼保有者と違いなぜか左目だけを開眼させています。今回はサスケについて代表的な技である写輪 ...

 · ナルトで質問なんですが、ナルトvsサスケは最後どうなったんですか?あと、最終的に対戦成績って何勝何敗なんですか? 最後は千鳥と螺旋丸で激突して両者片腕を失くし二人でノックダウン状態でした。1勝(サスケ)と1引...

人気漫画「NARUTO」において主人公のナルトとそのライバルであるサスケの関係は最後まで目が離せないものでした。続編にあたる「BORUTO」ではそれぞれ平穏に暮らしている姿が尊く感じられるほどナルトとサスケの関係は殺伐していたものです。 第一部の序盤におけるナルトとサスケの関係は ...

サスケとナルトの溝はかなり深いものであったはずなのに戦争であんなにあっさりと2人を対峙させるべきじゃなかった。最後の対峙はもっと劇的に描くべき。この作品の肝はやっぱサスケ対ナルト。

『naruto -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。 全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。

ナルトは699話で真のラスボスとなったサスケとナルトが殴り合いをし、因縁の関係に終止符が打たれることになります。 そして700話でナルトは火影に就任し、ヒナタと結婚して2人の子供が誕生し、その他の仲間もそれぞれの道を歩んでいることが判明。

ナルトさんは聖者だけど、サクラに対してだけはとんでもないことをしているよね。 あれだけ「好きだ」、「守る」みたいなことを言い続けて「実はサスケへの対抗心だったってばよ!!お前のことそんなに好きじゃなかったってばよ!

引き分けに終わり サスケ ナルト